ヘルパー2級 求人

【職種別】ヘルパー2級所持者・おすすめ求人サイト ※掲載数多数!全国対応

【正社員・契約社員希望者におすすめ】

ヘルパー2級を持っていて、正社員・契約社員希望の人は「カイゴジョブ」がおすすめです。

 

「カイゴジョブ」オススメ理由
・ヘルパー2級の正社員・契約社員の求人数が全国トップクラス!
・ヘルパー2級を持つことで、正社員・契約社員求人好条件、高待遇多数!
・介護職未経験でも、ヘルパー2級を持っていることで応募できる求人多数!

 

カイゴジョブは、東証一部上場企業の(株)エス・エム・エスが運営する介護求人サイトです。
会員数は60万人いて、介護職に就く人の3人に1人は利用したことがあるとのことです。

 

求人数は業界トップクラスの掲載があるので、全国各地の求人が載っています。
毎日データは更新されるので、日々新しい求人情報も入ってきます。
カイゴジョブだけでしか見れない、カイゴジョブ限定の求人もありますよ!

 

メールアドレスによる無料登録で求人情報はチェックできます。

 

【パート・アルバイト希望者におすすめ】

ヘルパー2級を持っている人で、パート・アルバイトが希望なら「介護求人ナビ」がおすすめです。

 

「介護求人ナビ」オススメ理由
・ヘルパー2級のパート・アルバイトの求人数は、全国最大級!
・ヘルパー2級所持で、パート・アルバイトが好条件、高待遇の求人!
・介護職未経験でも、ヘルパー2級所持なら応募可の求人多数!

 

 

介護求人ナビは、介護のパート・アルバイトの就職を目指す人におすすめの介護職専門求人サイトです。
業界最大級の求人数の中から、希望都道府県や希望条件を指定し、求人情報の検索が可能です。
ヘルパー2級資格やパート・アルバイトといった雇用形態、都道府県などを指定し検索してみましょう。
介護求人ナビでは、日々の新着求人も多数掲載されます。
ヘルパー2級のパート・アルバイトの求人を他サイトで探しても、
なかなかいい求人が見つからない場合は、この介護求人ナビで探してみてはいかがでしょうか。

 

 

【派遣希望者・紹介予定派遣におすすめ】

 

ヘルパー2級を持っていて、派遣社員・紹介予定派遣希望の方は、「かいご畑」がおすすめです。

 

「かいご畑」オススメ理由
・ヘルパー2級の派遣希望者・紹介予定派遣の豊富な求人数!
・「かいご畑」限定!派遣希望者・紹介予定派遣の非公開求人多数!
・派遣希望者・紹介予定派遣なら、介護資格が0円で取れる!

 

 

かいご畑は、厚生労働大臣認可の介護就職支援センターの一つで、ヘルパー2級を活かした介護職の仕事探しを幅広くサポートしています。
かいご畑で転職・就職活動をし、派遣社員・紹介予定派遣として勤めると、実務者研修、介護福祉士の資格が無料で取ることができます。
ヘルパー2級を既に取得済みで、介護福祉士などの資格取得を目指したいなと思っているあなたは講座受講料が無料なのでいいと思います。
全国各地の未経験でもOKな求人が、非公開求人含め4,000件以上掲載されています。
ヘルパー2級を生かして派遣で働きたいあなたはかいご畑をチェックしてみて下さい。

 

 

ヘルパー2級対象の求人 就職先・仕事内容・給料は?

 

・就職先
ヘルパー2級を所持している人の就職はどのような場所になるでしょうか?
就職先としては、老人保健施設、特別養護老人ホーム(特養)、デイサービス、在宅介護事業所、登録ヘルパー、病院といった所になります。

 

・仕事内容
自分の力だけでは日常生活を送ることが難しい高齢者に対して、
掃除や洗濯、調理などの生活の援助と、食事介助、入浴、排泄などの介護をするのがヘルパーの仕事です。

 

・給料
ヘルパー2級を持っている人がヘルパーとして働いた場合の給料はどれくらいでしょうか?

 

およその給料としては、
正社員・派遣社員:年収 約280万円、月給 約21万円
アルバイト・パート:時給 1000〜1300円ほど

 

上記以外で、夜勤手当が付いたり、他資格手当、実務経験手当などがあると、お給料がもっと高くなる傾向です。

 

看取りで遣り甲斐を感じたこと
私は有料老人ホームで介護福祉士として働いていますが、今勤めている施設では「看取り」までやっています。入社して2年ほどになりますが何度か施設から見送りをさせていただきました。つい最近の話ですが、私が夜勤をしている時に末期の癌で腹水が溜まってしまった入居者様がトイレに行きたいけどお腹が苦しくて目眩や嘔気もあり、行けない状態でいました。自立している方なのでオムツにするのも抵抗があるようで、どうしようも出来ませんでした。私は出来る限り痛みを軽減出来るようにマッサージをしたり、夜間帯もお話を傾聴したりして頻繁に訪室していました。その入居者様は喉が渇くから水分を摂りたいけどトイレに行けないから我慢するとか、トイレに行きたいけど身体が思うように動けなくて行けなくて、でも自力でトイレに行きたいと話していました。私が夜勤明けで帰るころ、トイレを我慢した状態で疲れ果てて眠っていました。その数時間後に救急搬送されて病院で亡くなられました。私は「もっと出来ることがあったのではないか」と、とても後悔して泣きました。他の職員の方々に励まされ、そこで学びました。ここで後悔して辛くなってこの介護職を辞めるより、次に生かせるように良い経験をさせてもらったと思って、もっともっと学んで実践していくことが大切なんだと思いました。辛い経験でしたが、確実に貴重な経験をさせてもらったことで、ますます介護職に遣り甲斐を感じた良いきっかけになりました。

 

 

厳しい労働条件
数年前まで特別養護老人ホームで看護師として勤務をしておりました。もともと介護の仕事の経験があったので、仕事内容の不安はありませんでしたが、病院とは違って医療用具が充実しておらず、緊急時は病院に連絡して受け入れてくれると言う体制をとっておりました。その施設は二交替制で夜間は約50人前後の利用者さんを2人のスタッフで対応していました。夜勤の時間は前日16時〜翌日9時までの16時間勤務(うち1時間休憩)で、2時間毎の見廻り、朝御飯の支度、ナースコール対応などが主な仕事で、仮眠は全くとれない状況だったので、殆どのスタッフが日勤勤務のみを希望していたので、夜勤出来るスタッフは少人数しかいませんでした。中には身体を壊し、退職を余儀なくされたスタッフもいました。その施設の殆どが介護度が高く、寝たきりのお年寄りばかりでした。私がその施設を辞めるきっかけになったのが、利用者さんが急変した際に何も医療用具のない中で、自分自身の知識のみで、利用者さんの状況を判断し、行動しないといけない点でした。病院とは違って医師が常駐していない事が不安でした。
人の命を預かる事の怖さを痛感し、自分にはこんな精神的にしんどい仕事は無理だと思いました。